;

注文住宅をお考えの方へ!キッチンにおけるパントリーのメリットについて解説します!

注文住宅をお考えの方へ!キッチンにおけるパントリーのメリットについて解説します!

投稿日/2020/02/19

「注文住宅でパントリーを作りたい。」
「パントリーってどんなメリットがあるの?」
このように考えている方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。
なかには本当にパントリーは便利なのか疑問に思っている方もいると思います。
そこで今回は、キッチンにおけるパントリーのメリットについてご紹介します。

 

◻キッチンにおけるパントリーのメリットについて

そもそもパントリーとは簡単に言うとキッチンで使用するものを収納する空間を指します。
キッチンのなか、またはその周りに作る場合が多いです。
では、このパントリーにはどのような利点があるのでしょうか?

まず、キッチンがスッキリ片付いて見えるというメリットがあります。
調味料や器具などを可能な限り手の届きやすい場所に置いて、作業しやすい環境にしたいと考える方は多いと思います。
しかし、備え付けられている空間だけでは足りずに物があふれてしまうでしょう。
パントリーはしっかりスペースを確保できるので、このように物があふれてしまうことがありません。
そのため、キッチンがスッキリ片付いて見えます。

次のメリットは収納量が大幅に上がることです。
パントリーがあれば大量に買い物をしても保管しておくスペースに困りません。
また、もしものために備えて非常食を十分に保管しておけます。
これはパントリーが床から天井にまで及ぶからです。
なかにはウォークインクローゼットのように歩いて入るタイプのものも存在します。
買い物をしている際に、もう収納するところがないからと諦めることもなくなるでしょう。

最後に食品の管理がしやすいというメリットをご説明します。
一般的な通常のキッチンだと、どんな食品があるのかを把握するのは簡単ではありません。
そのため、期限がとっくに過ぎているものが見つかることもあるでしょう。
しかし、パントリーはこういった問題を解決してくれます。
残っている食品をすぐに把握可能なので、期限切れなどといった無駄がなくなります。
なかにはボックスやカゴで食品を分類する方、ラベリングする方がいます。
こういった工夫をするとより使いやすくなるでしょう。

 

◻まとめ

ここまでキッチンにおけるパントリーのメリットについてご紹介してきました。
パントリーのメリットは収納量が上がるだけではなく、見た目、管理の面での利点もあることを知っていただけたでしょうか。
注文住宅にパントリーを作ることでキッチンでの行動がより楽になるでしょう。

SNS