山口県の注文住宅・新築リフォーム土地情報|一乗建設
  • お客様の声

    「健康一番の家」のお客様から喜びの声が届いています。
    ぜひ、ご覧になってください

    一乗建設のブログをご覧いただきありがとうございます。

    今回のタイトルは「薬剤を使わない!?シロアリと断熱」です。

     

    断熱にも様々あります。

     

    下図のように大まかに「壁だけ外断熱」「基礎が内断熱」「すべて外断熱」と分けます。

    新築 基礎外断熱

     

    「壁だけ」では断熱してある意味があまりないので説明は控えさせていただきます。

     

    「基礎が内断熱」の場合基礎を断熱していないのですから「床暖房」などの設備がないと床の冷たい家となります。

     

    「床断熱」という断熱工法がありますが基礎を断熱してないので基礎建物の一階床下の全面に断熱材を取り付けて、外部の温度(熱気、冷気)の影響を受けないようにする工法で、日本の住宅の大部分は床断熱です。

    床断熱 健康 新築

    そして、床下の風通しを良くし、湿度調整するために床下換気口を設置します。

    この工法は、断熱材が自重で下がり床材と断熱材の間に隙間が生じます。そこに冷気が侵入し、床材下部が冷やされ、充分な換気量を確保しないと、結露やカビが発生する恐れがあります。

     

     

    「すべて外断熱」では基礎まで断熱をしていますので「床暖房」が無くても床が冷たくありません。

     

    基礎の外側を外断熱すると・・・
    外気の影響を受けにくいため、床下温度が安定。
    夏は木陰のようなすずしい床下、冬はあたたかな床下を実現します。

    注文住宅 地熱利用 新築

    また家を支える基礎の耐久性も向上します。

     

    屋根にも外断熱の場合、夏の焼けるような小屋裏が、外断熱なら快適な生活空間に。

     

    夏は、太陽の熱により、屋内(特に小屋裏)の温度が外気以上に高まります。
    そんな時でもすべて外断熱材であれば、室内空間への熱の影響をやわらげます。

    また、小屋裏と床下の各通気ダンパーを設置して開放して熱気や湿気を逃がすことで、家全体をよりさわやかな環境に保つことができます。夏の悩みのひとつである冷房費の節約にもつながります。

     


    基礎外断熱の弱点 シロアリ


    シロアリ被害の断熱材

    シロアリ被害の断熱材

    シロアリ被害の木材

    シロアリ被害の木材

     

    長い間、基礎外断熱の欠点はシロアリ被害、床下のカビ問題など言われていましたが現在はほぼすべて解決されております。

     

    通常の業者、ハウスメーカー


    注文住宅 シロアリ


    シロアリ問題(薬剤)


    ベタ基礎、防蟻剤加圧注入の木材、防蟻対策用断熱材(薬剤)の使用、防蟻剤の散布

    上図は防蟻剤加圧注入の木材(緑の木)

    注文住宅 新築 換気システム

     


    床下カビ問題


    床下換気は床下換気システムを導入か自然換気、それとも換気口無しが多いいでしょう。

    上図は床下換気システム

     

     

     

    弊社での対策はコチラ


    シロアリ問題は「ターミメッシュ」で解決+@(薬剤ナシ)です。


    ターミメッシュ詳細はコチラ

    「ターミメッシュフォームシステム」とは通常シロアリ対策を薬剤を使っている業者、ハウスメーカーが主立っていますが、こちらの防蟻法は薬剤を一切使わないでステンレス製の網で物理的にシロアリの侵入を防ぐ「人にやさしい防蟻法」でしかも10年保証です。

    私は、人体に影響はないと言われても虫が死ぬような薬剤を家中に使いたくありません。

     

     

    下図は基礎にステンレス製の網を施工しているところです。

    薬剤を使わないシロアリ対策

     

    下図は配管周りの施工後です。

     

    シロアリ ターミメッシュ

    %e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a52

     


    床下のカビ問題は外気温の変化にリアルタイムで応える「自動通気システム」で解決


     

    萩の注文住宅 新築

    居住スペースだけではなく床下まで24時間自動で外気温の変化にリアルタイムで応える「自動通気システム」を採用し通気、結露、カビ等を防ぎます。

    このように「外断熱」の欠点は解決済みです。

    薬剤散布をして、シロアリだけでなく人体に害を与える防蟻剤を一切使わなくて10年保証の「ターミメッシュフォームシステム」は「健康」に結び付く家づくりの1つではないでしょうか?

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    一乗建設のブログをご覧いただきありがとうございます。

    今回も「健康と住宅」についての続きをお話ししたいと思います。

    今日は室内環境を調整する、新しい除湿機能のついた24時間換気システム「リフレア」についてです。

    リフレアについて:「全館除湿リフレア」

    「健康一番の家」は花粉・黄砂・PM2.5、をも取り除く優れたフィルターと、除湿機能がついているんです。
    空気清浄機とエアコンがついたようなものです。

    今は、建築基準法によって24時間換気設備の設置が義務付けされています。
    室内の花粉は外出先で衣服に付着して持ち込まれるもののほかに、24時間換気によって持ち込まれるって知っていますか?
    『健康一番の家』で採用しているソーラーサーキットの家の第1種24時間換気システムはとっても優秀で、花粉等を除去する高性能除じんフィルターが装備されており花粉、黄砂、さらにPM2.5もほぼ100%カットしてくれます。

    萩市 新築

    ですから24時間どの部屋も同じ条件で、洗濯物の室内干しができ、花粉・黄砂の影響のない、
    あなたの健康を保ってくれる家があります!

    花粉症の元を断つ!
    萩市 新築
    あなたはご存知ですか?
    屋外に洗濯物を干して、取り入れ時にいくら叩いても洗濯物に付いた花粉は約81%も残っていることを!
    「ええっ」と驚かれた人もあるでしょうね。
    ですから洗濯物は室内に干せばいいのです。それが一番安心です。

    注文住宅 新築

    花粉症で困っていた人がいまでは笑顔で“ルンルン”です。

    なんといっても花粉症の元を断つことができるのですから…。

    平成29年3月11日(土)12(日)に

    春の体感見学会を開催致します。

    花粉時期の体感が出来ます。

    詳細:春・花粉季節の体感見学会

    最後までお読みいただきありがとうございまいた。

     

    一乗建設のブログをご覧いただきありがとうございます。

    今回は「健康と住宅」についてお話ししたいと思います。

    皆様は健康と住宅とはあまり結びついてはいないと思いますが、実は大きなつながりがあります。

    健康住宅 新築

    地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターの研究によれば、2011年の1年間で約17,000人
    もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死をしたと推計され、その死亡者数は交通事故に
    よる死亡者数(4611人)をはるかに上回ります。
    ヒートショックは医学用語ではないので死亡診断書にヒートショックという用語は出てこず、
    「溺死」や「病死」と記入されているため、
    ヒートショックが原因と思われる死亡の正確な統計データはありません。
    しかし、家庭のお風呂で溺死する人は年間3,000~4000人いるという厚生労働省の統計と、
    2012年に東日本全消防本部の81%の調査協力を得て実施した調査結果から推計すると
    上記の数値になると推計されます。

    参考:東京都健康長寿医療センター

     

    現在、建築と医学と両方の面から健康住宅を推進しており、医療費削減や、健康社会の実現に向けて、建築、医学の専門家が連携し研究を行っています。
    高性能住宅にすることで、省エネルギー性を向上するだけでなく、健康な人を増やし、病気や介護の予防につながる可能性が高いことが分かってきています。

     


    なぜ高性能住宅は健康になるのか?


    ヒートショックがない家 = 高性能住宅

    ヒートショックとは家の中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のことです。 急激な温度変化により、血圧が大きく変動することで、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあります。

    暖かいリビング → 寒い廊下、脱衣室 → 冷い浴室 → 暖かい湯船
    などこの温度変化に体がついていかないのです。

    高性能住宅(完全外断熱工法(基礎まで断熱)+ 高気密住宅)

    では家中を断熱材で覆い温度差のない家を実現しています。

    page02_image01

    外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を断熱する工法です。気密性も高いため家全体に温度差がなくあたためられます。

    要するに

    温度差のない家 = 健康(ヒートショックが起こりにくい)

    につながります。

     

    また、支持されるもうひとつのポイント湿度!湿度が少ないと結露が発生しにくいということ。室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。

    また、結露が無ければアレルギーのもとになるカビ、ダニの発生を防ぎます。

    今回のお話はほんの一部ですが「健康と住宅」の結びつきをお話ししました。

    最後までお読みいただきありがとうございまいた。

    ご興味のある方は弊社、健康一番の家のページをご覧ください。
    健康一番の家はコチラ

     

    更新情報


    薬剤を使わないシロアリ対策

    薬剤を使わない!?シロアリと断熱

    一乗建設のブログをご覧いただきありがとうございます。 今回のタイトルは「薬剤を使わない!?シロアリと…

    kodawari-m100-p2

    なぜ高性能住宅は健康になるのか?②

    一乗建設のブログをご覧いただきありがとうございます。 今回も「健康と住宅」についての続きをお話しした…

    健康住宅 新築

    なぜ高性能住宅は健康になるのか?

    一乗建設のブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「健康と住宅」についてお話ししたいと思い…

    お問合せ・資料請求・見学、宿泊申込

    体感モデルハウスの見学、宿泊のお申し込みもコチラ

    info

    パートナー

    • ソーラーサーキットの家
    • www.kenfukyou.com/
    • http://www.shizenenergy-katsuyo.com
    • 準備中