;

山口で注文住宅を建てたい!と思いの方予算の決め方に悩みはありませんか?

山口で注文住宅を建てたい!と思いの方予算の決め方に悩みはありませんか?

投稿日/2020/01/31

「注文住宅を建てたい!」
「予算の決め方について知りたい」
このような思いをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし予算の決め方について詳しくない方も多いと思います。
そこで今回は、山口の方に向けて、注文住宅の予算の決め方について解説します。

 

□予算計画

*年収に合った予算計画

予算を決める際に重要となるのが年収に合った予算計画です。
国土交通省住宅局によれば、全国の注文住宅で建てた金額は平均年収の5倍ほどです。
しかし、これは注文住宅購入者全員に当てはまるわけではありません。
自分の年収に合わない注文住宅を建てると、生活費が苦しなります。
また、万が一お金が必要になった際に苦しい生活をしなければならない可能性があります。
そのリスクを避けるため、心にゆとりを持つためにも自己資金の大半を資金にするのではなく、余裕を持った予算計画にすることをおすすめします。

*地域の相場

もう1つ重要となるのが地域の相場です。
住宅建物の建設費は首都圏が一番高く、その後に東海圏、近畿圏、その他の地域といった並びになります。
山口県の場合、首都園よりも比較的建設費はかかりません。
予算を考える際は地域の相場も一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

*住宅ローン

最後に重要なのが住宅ローンです。
同じ年収の方でも家族構成や生活スタイルによって普段かかる費用は違います。
また、固定資産税などの毎月返済する費用に追加して住宅ローンの費用がかかります。
住宅ローンは自分が普段どれくらいの費用がかかっているのか、毎月返済する費用はどれくらいあるのかを考えて住宅ローンを組むのが理想です。
一度毎月いくらまで返済可能なのか計算してみてはいかがでしょうか。

 

□資金計画

注文住宅を建てる際にかかる費用のことを内訳と言います。
内訳は、大まかに3種類に分けられます。
一番費用がかかる建物本体の費用は70%、2つ目にかかる付帯工事費用が15%~20%、3つ目にかかる諸経費が5%~10%です。
建物費用とは建物を建てるためにかかる全体の費用のことで、あらゆる職人さんが関わるため費用もその分高くなります。
付帯工事とはインテリアや電設工事などの暮らすために必要なものを取りつけるためにかかる費用をいいます。
諸経費とは住宅や土地などを購入する際の手数料です。
内訳がどのくらいかかるのか把握することは注文住宅を建てる際にとても重要です。

 

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際の予算の決め方について解説しました。
この記事を参考に、注文住宅を建てることを検討してみてはいかがでしょうか。
注文住宅を建てることをご検討の方、予算の決め方について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

SNS