床暖房のメリット・デメリットとは?|山口で注文住宅を手掛ける業者が解説!

Home »  ブログ »  床暖房のメリット・デメリットとは?|山口で注文住宅を手掛ける業者が解説!

床暖房のメリット・デメリットとは?|山口で注文住宅を手掛ける業者が解説!

投稿日/2019/11/27

「床暖房を導入しようかどうか迷っている…」
「そもそも、床暖房のいらない家ってあるの?」

そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

冬の寒さ対策として、床暖房がよいと聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
とはいっても、どのようなメリット・デメリットがあるのかを知った上で判断したいですよね。

そこで今回は、山口で注文住宅を手掛ける業者が、床暖房のメリット・デメリットについて解説していきます。

 

□床暖房のメリット・デメリットとは?

やはり、床暖房の大きなメリットとしては、「足元が暖かい」ということが挙げられるでしょう。
特に、冬場では、足元に冷気が溜まってしまい、足元が冷えてしまいます。
そんな時に、床暖房は、冷えた足を暖めてくれるのでスリッパなしで快適に過ごせます。

他にも、次のようなメリットがあります。

*安心安全

冬場は、暖房器具として電気ヒータやストーブを使用するという家庭も多いでしょう。
床暖房は、上記の暖房器具のように高温になることもなく、触ってもヤケドの心配ないので安心安全です。

*ホコリが舞いにくい

床暖房は、風が出ないため、ホコリが舞うという心配もないでしょう。

 

□床暖房のデメリットとは?

では、床暖房のメリットが分かっていただけたところで、デメリットにはどのようなことが挙げられるのでしょうか?

*初期費用が高い

床暖房は、100平方メートルで約385万円かかり、さらに施工費などがプラスされます。
やはり、初期費用が高いということで床暖房の設置を諦める人も多くいらっしゃいます。

*メンテナンス費用がかかる

床暖房は、定期的にメンテナンスが必要になり、その分お金もかかってしまいます。
また、もし故障した場合には、修理費が高額になることもあるので注意が必要です。

上記のようなデメリットから、数年後には、使わなくなったという方も少なからずいます。

とはいっても、冬の床暖房なしで生活するのはつらいから、デメリットがあることを理解した上で、仕方なく導入しようと考えていませんか?

そんな方におすすめしたいのが、「床暖房のいらない家」です。

床暖房がいらない家では、地熱と基礎からの完全外断熱をうまく活用することで、足元の暖房器具がなくても、足元が冷えて困ることはありません。

 

□まとめ

今回は、山口で注文住宅を手掛ける業者が、床暖房のメリット・デメリットについて解説していきました。

床暖房には、メリットがある一方で、デメリットもあります。

メリット・デメリットを理解した上で床暖房を導入するのか、もう一つの選択肢として床暖房のいらない家を考えるのか、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

SNS