山口の専門家が注文住宅の平屋の税金について解説します!

Home »  ブログ »  山口の専門家が注文住宅の平屋の税金について解説します!

山口の専門家が注文住宅の平屋の税金について解説します!

投稿日/2019/10/27

「平屋の税金が高いって聞いたけど、本当なの?」
「平屋の税金を軽減する方法について知りたい」
このように、注文住宅で平屋を建てようと考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、平屋にかかる税金について詳しく知らないですよね。
そこで今回は、山口の業者が平屋にかかる税金について詳しく解説します。

 

□税金が高い理由

*広い土地が必要

同じ広さの居住スペースの平屋と二階建て住宅の場合、平屋の方が税金の負担が大きいです。
なぜなら、広大な土地が必要となってくるからです。
広大な土地を要する場合は「固定資産税」が増加します。

*評価額の違い

二階建て住宅は、経年劣化で倒壊したり補修する必要がある可能性が高いです。
そのため、建築物に対する評価額が著しく低下し、固定資産税の額が減少します。
一方で、平屋は二階建て住宅に比べて強度があまり必要ではありません。
それゆえ、建築物の評価額が何年も変わらないことが多いです。
つまり、トータルで支払う「固定資産税」が平屋の方が高くなることを意味します。

*屋根や壁の量が多い

平屋は二階建て住宅に比べて、屋根や基礎部分、屋根の量が倍以上必要です。
そのため、材料費にかかる分だけ平屋の価格は高いです。
結果として、固定資産税の負担が大きいと言えるでしょう。

 

□税金を軽減する方法

*正方形の家屋に

様々な形の家屋の中で、正方形が最も壁の量が少なくて済みます。
前述した通り、壁の量によって、「固定資産税」の負担が大きく変わります。
つまり、建築物に対する税金が軽減されるのです。
正方形の建築物は、シンプルで和モダンのデザインにぴったりです。

*木造で建てる

木造は、経年劣化で評価額が下がりやすいです。
そのため、税金の額が減っていく可能性が高いです。
また、平屋は二階建てと比べて構造が安定しています。
結果として、木造で建てても、耐震的な不安が少ないです。

*部屋数や間仕切りを減少させる

税金を軽減するために、部屋数や仕切りを減らしましょう。
なぜなら、壁が少ない分、費用が抑えられるからです。
また、評価額も下がり、税金の負担が軽減できます。

 

□まとめ

今回は、山口の業者が平屋にかかる税金について詳しく解説しました。
今回の記事を参考にして、少しでも税金の負担を軽減して理想の平屋を完成させましょう。
当社では、注文住宅に関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望に沿った最適なプランをご提案し、全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社まで気軽にお問い合わせください。

SNS