山口の業者が注文住宅の平屋のルーフバルコニーのメリットと注意点を解説!

Home »  ブログ »  山口の業者が注文住宅の平屋のルーフバルコニーのメリットと注意点を解説!

山口の業者が注文住宅の平屋のルーフバルコニーのメリットと注意点を解説!

投稿日/2019/10/31

「平屋のルーフバルコニーが気になる」
「ルーフバルコニーのメリット、注意点について知りたい」
このように、平屋のルーフバルコニーについて知りたいと思っている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、平屋のルーフバルコニーのメリットや注意点について詳しい方は少ないですよね。
そこで今回は、山口の専門家がルーフバルコニーのメリットや注意点について詳しく解説します。

 

□ルーフバルコニーのメリット

*庭の代わり

庭を持つスペースを取れない場合は、ルーフバルコニーがおすすめです。
ルーフバルコニーは、庭として家庭菜園や鉢植えを置いて植物を育てられます。

*使い方が自由

ルーフバルコニーは、様々な使い道があります。
具体例として、洗濯物を干すスペースやテーブルを置いてくつろぐ場としても機能します。
このように、ルーフバルコニーは無限の可能性があるのでおすすめです。

*プライバシーが守られる

ルーフバルコニーを住宅の中にあります。
そのため、人の目から気にすることなくプライバシーの空間を作れます。
おすすめは、時間を気にせずゆったりとした時間を過ごすことです。

*安全性がある

ルーフバルコニーは住宅の中に設計します。
そのため、住宅全体の構造が安定し、災害時でも安全性が担保されています。
近年は、災害も多いので安全性は重要な要素です。

 

□ルーフバルコニーの注意点

*固定資産税が必要

ルーフバルコニーは、延床面積に含まれるため、固定資産税がかかります。
そのため、設計は慎重に行う必要があります。

*部屋が暗い

ルーフバルコニーは雨風から快適な空間を作り出します。
しかし、太陽光を取り入れることが難しい場合が多いです。
結果として、部屋全体が暗くなってしまいます。
対策として、トップライトの設置をおすすめします。
ライトによって、部屋全体が明るくなるでしょう。

*設計の制限

ルーフバルコニーを設置する場合は、屋根を支える構造が必要です。
柱や壁の設計は、屋根をどれだけ大きくするかによって異なります。
そのため、全体を見てしっかりとした間取りを設計しましょう。

 

□まとめ

今回は、山口の専門家が平屋のルーフバルコニーのメリットや注意点について詳しく解説しました。
この記事を参考にして、平屋にルーフバルコニーを導入することを検討してみてください。
当社では、注文住宅に関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望をお聞きして、全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社までお電話でお問い合わせください。

SNS