山口県で注文住宅を建てるならロフト付きの平屋がおすすめ

Home »  ブログ »  山口県で注文住宅を建てるならロフト付きの平屋がおすすめ

山口県で注文住宅を建てるならロフト付きの平屋がおすすめ

投稿日/2019/09/15

注文住宅で平屋をお考えの方は多いと思います。
そんな平屋の注文住宅で是非検討していただきたいのが、ロフトです。
ロフトは屋根裏に設置される小さな2階部屋のようなものです。
ロフトにはオススメしたいポイントがたくさんあります。
そこで今回は、ロフトのオススメポイントについて紹介します。

 

□寝室活用

ロフトのオススメポイントとして、寝室として利用できるという点があります。
平屋には2階がないので、家の中での移動が楽になるというところが魅力です。
しかし、寝室などのプライベートな空間を同じ階にしたくないという悩みをお持ちの方もおられると思います。
そんな時に、ロフトはとても便利です。
ロフトを寝室として利用することによって、一階部分にプライベート空間が無くなります。

 

□収納利用

次のオススメポイントは、収納スペースとして利用できるという点です。
平屋には収納スペースが少なくなるという欠点があります。
ロフトを収納として利用することで、そんな欠点を補うこともできます。
普段は隠しておきたい荷物や、季節外れの洋服などを生活スペースと別のところに収納しておくことができます。
しかし、ロフトには固定階段をつけられないので、重い荷物は収納しにくいという欠点もあります。

 

□小部屋活用

そのほかにも、小部屋として活用することもオススメです。
ロフトには高さの制限があり、屋根の高さは1.4m以下にする必要があります。
そのため、普通の部屋として利用することは難しいです。
しかし、小部屋として活用するには十分です。
特に子供は背が低いため、子供部屋としての活用に適しています。
ロフトは外から見えやすいので、中で子供が何をしているのかを見ることができます。

 

□開放感

ロフトを作るオススメポイントは、これら機能面に限りません。
ロフトは普通、床面積の1/8以下の大きさで作られます。
そうすると、残りの7/8は吹き抜けになることが多いです。
屋根まで吹き抜けになっていると、平屋に開放感が生まれます。
吹き抜けの一部がロフトになっていることで、天井にさみしい印象も与えにくくなります。

 

□まとめ

今回は、ロフトのオススメポイントについて紹介しました。
寝室や収納としてロフトは非常に魅力的でした。
そのほかにも、開放感が得られやすいというメリットもありました。
ロフトには魅力的なポイントがたくさんあります。
注文住宅で平屋を建てる際には是非ロフトもご検討ください。
また、当社では山口県の注文住宅を承っております。
山口県で注文住宅を建てる時は是非当社もご検討ください。

SNS