外壁の色は何がいい?山口で注文住宅を考えている方必見

Home »  ブログ »  外壁の色は何がいい?山口で注文住宅を考えている方必見

外壁の色は何がいい?山口で注文住宅を考えている方必見

投稿日/2020/01/15

「注文住宅の外壁の色を決めたい」
「色をどうやって選べばいいかわからない」
このような思いをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、注文住宅の外壁の選び方について詳しくない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、山口の方に向けて、注文住宅の外壁の選び方について解説していきます。

 

□知っておきたい知識と注意点

*好きな色にするべき?合う色にするべき?

外壁は自分の好きな色にしたいですよね。
しかし、好きな色だからといって、白や黒を選ぶと汚れが目立ってしまいます。
白や黒を選ぶ際は微妙に他の色が入ったものを選べば汚れは目立ちません。
他にも外壁に2色を使う場合は、できるだけ似たような色の同系統の色か彩度が近い色を選びましょう。
長年住むことを考えて、汚れても目立ちにくい色を選ぶことをおすすめします。

*気になった色の家を見てみる。

カラーサンプルで気にいった色でも、塗装をしてみると違った雰囲気に変わってしまうことがあります。
そのため、実際に気になった色の家を見に行ってから決めると安心です。
また、色は光加減や影のでき方で違った色に見えます。
後悔しないためにも、一度実際の家に足を運んでみてはどうでしょうか。

*周りの景観も大切に

周りの景観も大切にしましょう。
周りが暖色系の色の家の中に、1軒だけ青色の家があれば、それだけで景観が損なわれます。
注文住宅を建てる際は、周りの家との調和も大切です。
ご近所トラブルを避けるためにも、周りの景観を配慮して外壁の色を決めるようにしましょう。
更に、町によっては景観ガイドラインがあります。
例えば、京都の1部の地域のローソンが青色ではなく緑色であることなどが有名な例です。
住む地域に景観ガイドラインがあるか確認しておきましょう。

 

□外壁が家のイメージを左右する?

外壁の色は家のイメージを決めると言っても過言ではありません。
同じ色でも、太陽にあたった時、電球にあたった時、雨が降っている時、影になった時、それぞれの状況によって色は変化します。
また、ドアや屋根の色との調和も大切です。
そのため、実際の建物の色を見て、考えた上で外壁の色を選ぶことが重要です。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の外壁の色の選び方について解説しました。
注文住宅の外壁の色の選び方をご理解いただけたでしょうか。
家のイメージとも言える外壁の色は慎重に決めることをおすすめします。
注文住宅の外壁の色の決め方について更に詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

SNS