山口の専門家が注文住宅の平屋の外観について解説します!

Home »  ブログ »  山口の専門家が注文住宅の平屋の外観について解説します!

山口の専門家が注文住宅の平屋の外観について解説します!

投稿日/2019/11/08

「注文住宅の平屋の外観に悩んでいる」
「平屋を建てる際の外観のデザインを考えるポイントを知りたい」
このように、注文住宅の平屋についてご検討中の肩が多くいらっしゃると思います。
しかし、平屋の外観の外観をデザインを考える上でのポイントについて詳しく知らない方が多いですよね。
そこで今回は、山口の専門家が平屋の外観のデザインを考える上でのポイントについて詳しく解説します。

 

□平屋の外観を考える上でのポイント

*屋根の高低を生かす

平屋の外観のデザインの特徴として、屋根の低い形状のものが多いです。
そのため、平屋の屋根は家の外観の印象を大きく左右します。
なぜなら、外から見える屋根の面積が広くなってしまうからです。
反対に、屋根を高くすることももちろん可能です。
屋根が高いと、洋風なデザインを施せます。
ただ、屋根の形状は間取りや敷地の条件によって決まってきます。
それゆえ、事前に住宅の条件を確認しておきましょう。

*日当たりや風通しを良くする

平屋は敷地面積が広くなるので、日当たりが悪いところや風通しが良くないところが生まれやすいです。
そのため、日光が当たりやすいところに洗濯物を干すようにしましょう。
また、リビングや部屋の場所も日光が当たるように工夫して、自分のライフスタイルにあった住宅を実現させましょう。

*プライバシーに注意

平屋の外観は窓の大きさが重要です。
しかし、窓を大きくすることで、外からの視線が入りやすくなってしまいます。
ただ、人通りが少ないところや視線が防げる外壁があれば、心配はいりません。
一方で、住宅の周りがどうしても人通りが多い場合は、少し窓を小さくするようにしましょう。

*外壁をパーツで決めない

平屋の住宅を建てる場合、全体像を意識しましょう。
全体像を掴めていない状況でパーツだけでデザインを決めてしまうと失敗します。
言い換えると、外壁に使用する素材の色や見え方をパーツだけで判断してしまっていると言えるでしょう。

*テラスの実用性

外観のデザインを失敗する理由として、テラスがあります。
平屋は二階部分がないので、一階に洗濯物を干すしかありません。
デザインを重視するあまり、テラスを作らないと、洗濯物に汚れが付く可能性が高いです。
そのため、生活することを念頭において、デザインを決める必要があります。

 

□まとめ

今回は、山口の専門家が平屋の外観のデザインを考える上でのポイントについて詳しく解説しました。
今回の記事を参考にして、理想の平屋の外観を実現してください。
当社では、注文住宅に関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望する最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社まで気軽にお問い合わせください。

SNS