山口県で注文住宅を建てるなら縁側付きの平屋がおすすめ

Home »  ブログ »  山口県で注文住宅を建てるなら縁側付きの平屋がおすすめ

山口県で注文住宅を建てるなら縁側付きの平屋がおすすめ

投稿日/2019/10/09

注文住宅で平屋を建てる予定の方で、縁側をお考えの方はおられますか?
縁側には家族団らんのイメージがあり、憧れの方も多いと思います。
でも、実際の縁側の良さっていまいちわからないですよね。
そこで今回は、縁側の機能や効果について解説します。

 

□縁側の機能

*日除け・雨よけ

縁側には日除けや雨よけの効果があります。
縁側がついていることで窓から外までに少し距離ができます。
そこに簡易的な屋根をつけることで、日除けや雨よけができます。
外から距離があるので、暑い夏でも直射日光を避けやすくなる点がおすすめです。
また、入り込まないほどの雨の日なら窓を開けることもできるようになります。

*温度調節

縁側といえば、家の外にあるものを想像する方が多いと思います。
しかし実は、家の中にある縁側もあるのです。
家の中の縁側は、ブラインドや二重窓のような使い方ができます。
日光が当たりにくくなるので、夏は暑くなりにくいです。
冬は、窓と部屋の間にワンクッションできることで、寒くなりにくいです。
縁側があることによって、室温が調節できるようになります。

 

□開放感

通常、縁側をつける場所は窓が大きいです。
そのため、大きい窓と外に続いている縁側があいまって、部屋を大きく見せることができるので、開放感を得られます。
また、縁側を広めに取ることでウッドデッキのような役割を果たすこともできます。
窓を開け、縁側をウッドデッキのように使うことで、開放的な空間を演出できるのでおすすめです。

 

□庭の有効活用

縁側を作ることによって、庭を最大限有効活用できるというメリットもあります。
ガーデニングが趣味の方は、庭の整備をした後に縁側から庭を眺めるのも楽しみの一つになるでしょう。
普通の主婦の方でも、庭に洗濯物を干す時の休憩にも縁側は役立ちます。
庭でバーベキューをするときには、縁側はものを置くスペースや椅子の代わりとして大活躍します。

 

□まとめ

今回は、縁側の機能や効果について解説しました。
縁側には、日光や雨をしのぐ効果や温度調節の機能がありました。
また、縁側があることで庭が最大限に活用できます。
逆に、縁側があるのに庭がないとなんだか殺風景になってしまいます。
縁側をつけるなら、小さな庭も作ることをおすすめします。
平屋を建てる際には、いいことだらけの縁側を是非ご検討ください。
また、当社では山口県の注文住宅を承っております。
山口県で注文住宅を立てる時は是非当社もご検討ください。

SNS