山口県で注文住宅を建てよう!見落としがちなカビ対策を紹介

Home »  ブログ »  山口県で注文住宅を建てよう!見落としがちなカビ対策を紹介

山口県で注文住宅を建てよう!見落としがちなカビ対策を紹介

投稿日/2019/09/23

皆さんは、カビについて考えたことはありますか?
カビはしっかり対策しないと生え放題になってしまいます。
カビがあるのはもちろん嫌ですし、病気の原因にもなってしまいます。
せっかく注文住宅で家を建てたのに、10年後にはカビまみれなんて絶対に嫌ですよね。
そこで今回は、意外に見落としがちな注文住宅のカビ対策について紹介します。

 

□家の中のカビ対策

*浴室

皆さんもご存知の通り、浴室には非常にカビが生えやすいです。
浴室には、水分や人間の汚れ成分などがたくさんあります。
そのため、浴室はカビが生えやすい環境なのです。
浴室のカビ対策には、換気、除湿、掃除が大切です。
注文住宅の際は、浴室にも換気扇と除湿機能を完備するようにしましょう。
どうしても換気扇をつけられない、つけたくない場合は窓を設置しましょう。
しかし、除湿は電気代がかかるので極力つけたくない、という方もおられると思います。
そういった場合は、入浴後に乾拭きするようにしましょう。
また、浴室の構造はできるだけシンプルなものがいいでしょう。
構造が複雑だと、掃除しにくくなってしまい、カビが生えやすくなってしまいます。

*家具

家具の配置にも気をつけましょう。
家具を壁にピッタリくっつけて配置すると、湿気がこもり、カビが生えてしまいます。
少し余裕を持って、壁から離して家具を置くようにしましょう。

*押し入れ

押し入れもカビの生えやすいところです。
ものを詰め込みすぎないようにし、時々風を通すといいです。
注文住宅であれば、あらかじめ風の通りやすい押し入れの構造にしてもらうのも手です。
住宅会社の方と相談してみましょう。

 

□壁の中

掃除や換気でどうにもならないところもあります。
例えば、壁の中はカビが生えやすいところです。
しかし、素人には壁の中のカビ対策はできません。
そのため、壁の中のカビ対策は家を建てる前にする必要があります。
注文住宅を建てる前にしっかりと住宅会社と話し合うことで、徹底的なカビ対策をしておきましょう。

 

□まとめ

今回は、意外に見落としがちな注文住宅のカビ対策について紹介しました。
家の中のカビはもちろん、壁の中のカビにも注意が必要です。
カビを甘くみていると、大事な家が崩れてしまうなんてことにもなりかねません。
徹底的に対策して、カビを生やさないようにしましょう。
また、当社では山口県の注文住宅を承っております。
山口県で注文住宅を建てる時は是非当社もご検討ください。

SNS