山口にお住まいの方へ|注文住宅の二重通気の仕組みを解説します!

Home »  ブログ »  山口にお住まいの方へ|注文住宅の二重通気の仕組みを解説します!

山口にお住まいの方へ|注文住宅の二重通気の仕組みを解説します!

投稿日/2019/09/04

「二重通気って言葉を耳にするけど実際よくわからないな」
「二重通気ってどんないいことがあるのかな」
「注文住宅を購入する際、二重通気にした方がいいのか迷うな」
このように思っている方は多いのではないでしょうか。
注文住宅を購入する際に二重通気を考えているなら詳しく知っておきたいですよね。
そこで、今回は二重通気の仕組みについて解説します。

 

□そもそも二重通気ってなんだろう

二重通気とは、その名の通り内側と外側に通気層をもうけた断熱材を家に施工することをいいます。
これがどんなメリット、デメリットをもたらすのかを解説します。

 

□二重通気のメリット

*冬でも暖かい

寒い空気から守ってくれる断熱材で家全体が覆われているので冬でも暖かく快適に過ごせます。
暖かい空気は冷たい空間へ移動する習性があるので、室内を暖めても冷たい空間があればなかなか部屋は温まりません。
この問題が断熱材で家が覆われていることによって解決されます。

*夏は涼しく過ごせる

「冬は暖かく過ごせるのに夏は涼しいってどういうこと?」
このように考える人も多いのではないでしょうか。
この疑問を解決します。
二重通気は建物を丸ごと断熱材で覆っているので熱を伝えにくいです。
そのため、夏でも涼しく快適に過ごせます。
とはいえ、熱を受け続けると断熱材自体が熱くなってしまいます。
その問題を解決するために、二重通気では断熱材の内側と外側に風を通すことで、熱がこもるのを防いでいます。

*湿気にも強い

常に壁の内部に風が通っているので室内の湿った空気を外側に放出できます。
そのため、梅雨でも快適に過ごせます。

*地球環境に優しい

二重通気の仕組みは、快適な一定温度を保持するよう設計された工法です。
一度、冷房や暖房で温度を調節すれば少ないエネルギーで快適な温度を維持できます。

 

□二重通気のデメリット

*建築にかかる費用が高くつく

家全体を覆う断熱材、二重通気のメリットを生かすために必要な性能の良い窓、換気扇を用意するので通常の住宅よりコストがかかってしまいます。

*敷地が広い必要がある

内側の通気層と断熱材の分、壁の厚みが増えることになるのでその分の広い敷地を必要とします。

 

□まとめ

今回は注文住宅の二重通気の仕組みについて解説しました。
イメージがつかみにくい二重通気の仕組みについて理解していただけたと思います。
今回の記事を参考にして二重通気についてどうするか考えながら、注文住宅の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

SNS