山口県で注文住宅を検討している方!契約の注意点を教えます!

Home »  ブログ »  山口県で注文住宅を検討している方!契約の注意点を教えます!

山口県で注文住宅を検討している方!契約の注意点を教えます!

投稿日/2019/07/11

「注文住宅の契約の注意点が分からない」
「注文住宅の契約の注意点が知りたい」
このように思ったことはありませんか?
初めて注文住宅を契約される方は、注意点が分からないと納得のいく契約ができないかもしれません。
そこで今回は、注文住宅の契約の注意点について解説します。

 

□注文住宅の契約の注意点とは

*希望の条件をリストアップすること

注文住宅を契約するときに気をつけておきたいこととしてまず挙げられるのが、希望の条件をリストアップすることです。
どのようなエリアに住みたいのか、どのような立地条件が良いのか、交通機関が充実しているか、どれくらいの予算の建物にするかといったご自身の希望に沿った条件をリストアップしておきましょう。
これをしないと、後々契約してから不備や不満が見つかることがあるので、注意が必要です。

*ゆとりのある資金計画か

ゆとりのある資金計画かどうかも重要です。
取得したい土地の広さや建物の大きさなどが決まってきたら、相場を見て大体の金額の目処を付けましょう。
ご自身の収入や現在の貯蓄額と照らし合わせて、おおよその返済プランを立てましょう。
この際に注意して欲しいのが、ゆとりのある返済プランかどうかということです。
ご家族のいる家庭でしたら、子供の教育費や医療費などの思わぬ出費が発生することがあります。
その際にも対応できるよう、できるだけゆとりのある資金計画を立てておきましょう。

*契約書に不備はないか

契約する際に気をつけておきたいことが契約書に不備がないかという点です。
例えば、工事請負契約書で言えば、価格や仕様が明確に決定しているのかという点が重要です。
しばしば見られるのが、間取りや設備などの使用が曖昧なまま本契約を結んでしまうケースです。
これにより契約後に色々な変更が生じてしまう可能性があり、想定よりも多くの出費をしてしまうかもしれません。

*契約のタイミングは適切か

契約のタイミングにも気をつけましょう。
悪徳業者の場合、軟弱地盤であることが分かっていて地盤調査をする前に契約をしようとすることがあります。
もし、後から軟弱地盤であることが判明してしまうと、地盤改良のための追加工事が必要になってきてしまいます。
そのため、契約はさまざまな条件をしっかり理解した上で結ぶことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の契約の注意点について解説しました。
初めて注文住宅を契約される方にとっては、どんなことに気をつけたらいいか分からないですよね。
ご紹介した点以外の注意点もまだあるので、しっかりと確認してから契約を結ばれることをおすすめします。
今回の記事を参考にして注文住宅の契約を検討してみてはいかがでしょうか。

SNS