山口の方向けに、平屋のメリットとデメリットについて解説します!

Home »  ブログ »  山口の方向けに、平屋のメリットとデメリットについて解説します!

山口の方向けに、平屋のメリットとデメリットについて解説します!

投稿日/2019/07/05

「平屋に興味があるけどメリットって何?」
「平屋と二階建てどっちがいいの?」

このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
今回は、そのような方向けに「一般の注文住宅」で平屋を建てるメリットとデメリットについて詳しく解説します。

快適な住まい造りをするためには、メリットとデメリットをきちんと把握することが大切です。

□平屋のメリット

平屋のメリットをいくつかの項目に分けて解説します。

*階段が不要

平屋は階段を設置する必要がないため、その分浮いた土地を有効活用できます。
階段を設置するのに必要な土地は、約3畳ほどだと言われています。
平屋には階段がないため、足や腰が悪い高齢者の方、妊婦の方、車椅子を使用する方などにも生活しやすい快適な住宅です。
また二階がないので、その分天井を高く設計することで開放感のある住宅にできるのでオススメです。

*住居者同士の意思疎通がしやすい

平屋を検討している方の中には、お子さんやご両親と一緒に暮らそうと考えている方がいると思います。
平屋は一階建てなので、住居者同士が接触する頻度が比較的多くなる可能性が高いです。
住居者同士の意思疎通を大切にしたい方にとってはメリットになるでしょう。

*災害に強い

平屋は構造上、建物の高さが低いため、地震が起こっても影響を受けにくい可能性が高いです。
また災害時にも逃げ遅れる可能性は低く、外に避難するのも簡単なので安心です。

 

□平屋のデメリット

平屋にはメリットがある一方でデメリットもいくつかあります。

*価格が高い

平屋は、二階建ての家と比べて比較的広い土地が必要になるため、建物を建てる費用とは別に土地代が多くかかります。土地の値段が高い都市部に平屋を建てたいとお考えの方は、しっかりとした資金計画を立てることが重要です。

でも屋根裏が部屋と同じ住環境ですべて有効に使える家だったら・・・

*日当たり・風通し

一般の平屋は構造上どうしても敷地が広くなるため、日光や風が届かない空間が発生する可能性が高いです。間取りを考える際は窓の大きさや配置に注意が必要となります。

でも外気の影響を受けず快適に暮らせる家だったら・・・

*セキュリティー・プライバシー

平屋は道路に面するスペースが多いため、住宅地などの近隣住民が多い地域の場合は、セキュリティー対策やプライバシーを考慮した設計にする必要があります。

でも住宅土地を選ば快適性が保たれる家だったら・・・

 

□まとめ

今回は「一般の注文住宅」で平屋を検討中の方向けに平屋のメリットとデメリットを解説しました。

でもこれは「一般の注文住宅」の場合で、弊社がおススメする「健康一番の家」でしたら、デメリットでも解消できることがあるのです。

平屋を検討している方は、ぜひご相談ください。

 


屋根裏も快適に使える「健康一番の家」


【外断熱・二重通気工法】の超高気密高断熱の、弊社がおススメする「健康一番の家」でしたら

一年中、屋根裏も含め、家中が一つの部屋と感じられるほどの快適な住環境を保てるのでら、屋根裏や床下も有効に使え、家を広く使えます。又窓を開けての換気も必要ないため、音や虫によるストレスも解消できます。

平屋だけど予算を考えると、狭い家しかできないとお考えの方でも、広い屋根裏が真夏も真冬も、部屋と同じ住環境で有効に使える家があればどうでしょう?

 

●本当にそんな家があるの?と不思議な方、どうぞこちらをご参考に。

「健康一番の家」OB主婦の体感ブログで、テーマ別で検索してどうぞ!

屋根裏も1年中快適の記事(10件)

 

●実際に体感できるモデルハウスもあります。現在イベント開催中です。

宿泊もできます!泊まって確かめてみませんか?

 

SNS