山口県は塩害地域てご存知ですか?①

Home »  ブログ »  山口県は塩害地域てご存知ですか?①

山口県は塩害地域てご存知ですか?①

山口県の皆様、塩害ってご存知でしょうか?

山口県はほとんどの市が海に隣接しています。
あまり知られていませんが弊社のある山口県萩市の市街地はほぼ全域が塩害地域となっています。

また萩の山間部では、赤い屋根の家が多く見られます。石州瓦(せきしゅうがわら)といって、独特な赤褐色をしており、固くて頑丈で、凍害、塩害に強いという性質をもっており、日本海沿岸や内陸部多く見られます。


塩害を受ける距離は大きく2つ


◆重塩害地域
海岸から200m~500m以内

◆塩害地域
海岸から500m~2000m以内

と言われています。


塩害の範囲かどうかのチェック


・海から2~5Km以内
・海の匂いがする
・周りの家の鉄部にサビが多い

 


塩害に弱い【ガルバリウム】


最近よく見かけるガルバニウムの住宅

 

板金類の中では、ガルバリウム鋼板が1番サビにくく塩害になりにくい板金ですが所詮金属なのでサビは発生します。(下記画像参照)

遮音性と断熱性は悪いですが、軽く耐久性が良く安価。
屋根、外壁等によく使われ、見た目も良くデザイン的にはいいのですが重塩害地域ではお勧めできません。

ガルバリウムはサビないのではなくサビにくいだけです。傷があればそこからサビが出ます。
また、ガルバリウムで多いのが白サビで汚れと間違われやすいですがれっきとしたサビで腐食されています。

これからガルバリウムを検討なさる場合は性質をよく知って決断をされた方がよろしいかと思います。

既にガルバリウムで建てられた方は確認された方が良いかと思います。
メンテナンス方法とメリット・デメリットは一番下にリンクを張っておきます。


【ガルバリウム】錆びやすい箇所と保証


錆びやすい箇所

  • 飛散してきた木の枝など、尖ったものが表面に当たって傷ができた場合。
  • 線路際や、金属加工工場周辺の鉄粉が飛ぶ可能性のある地域。
  • 海岸線などの塩害地域
  • 現場で折り加工や切断加工などをした部位

保証

海岸線から直線距離で2km以上離れていないと保証書が出なかったり、保証期間が減年されたりする場合あります。

しかも、ガルバリウム鋼板屋根材の保証範囲は、何も加工されていない部分のみです。
折り曲げ加工をした部分や、切断面などは保証の対象外です。
施行中、表面にキズが入った場合なども保証の対象外となる場合もあります。

引用:外装鋼板における塩害腐食の特徴 – 一般社団法人日本金属屋根協会


塩害以外の問題点


また、海沿いの地域には「塩害」だけでなく「湿気」「空気質」や「洗濯」などの問題がたくさんあります。

次回に続く

山口県は塩害地域てご存知ですか?②洗濯編

 

SNS