山口県の新築・注文住宅リフォーム土地情報|一乗建設

自然素材を多く使った家が湿気が少ないとは限りません

自然素材を多く使った家が湿気が少ないとは限りません

On 7月 7, 2015, Posted by , In ブログ, With No Comments

 

なう、ハッピー!
愛と健康をテーマに快適で住み良い家づくりをオススメします、
住環境アドバイザーの今福啓喜(Imafuku Hiroki)です。

t02200330_0427064012589925811 (1)
「梅雨なのに床がサラッと。この家、最高です!」
 

梅雨時期でも床がサラッとする家をご存知ですか?

それはズバリ自然素材の床材。
しかし、自然を多く使った家が湿気の少ない家になるとは限りません。

例をあげましょう。
たとえば…

「湿気を吸うはずの畳からカビが生えた」

「廊下を歩くとネチャネチャする」

「室内干しの洗濯物がなかなか乾かない」

ちょっと変でしょ?
湿気が外からどんどん入ってきてしまったら、いくら自然素材を多く使っても、その調湿効果には限度があります

でも、外からの湿気が入ってこない仕組み、家の中で発生した湿気を吐き出す仕組みが家にあったら?
サラッと湿気が少ない、さわやかな家になりませんか?

湿気の少ない家はカビ・ダニの繁殖を抑え、人の健康・住み心地と家の耐久性にも貢献するものです。


自然素材ばかりを使って、肝心の「湿気を減らす」という目的を見失わないようにしてくださいね。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

▼参加してください!

~ワンランク上の住み心地~
第121回  “学べる”健康住まいづくり
《今までになかった!あなたをトリコにする次世代の家づくり》

・テーマ 「失敗しない家づくりの秘訣
・日時 711日(土)
 午後1300分~
・場所 山口県萩市大字椿東401-10
(一乗建設 研修室 にて)


第122回  “学べる”健康住まいづくり
《今までになかった!あなたをトリコにする次世代の家づくり》

・テーマ 「家を建てようと思ったとき、まずやるべき事
・日時 7月25日(土)
 午後1330分~
・場所 山口県萩市大字椿東401-10
(一乗建設 研修室 にて)

TEL 0838-25-9484
H.P http://ichijou-ken.com