山口県の健康住宅・注文住宅の新築【失敗しない家づくり】|(有)一乗建設

健康住宅認定制度


kf


弊社は、東京都管轄のNPO法人健康住宅普及協会の『健康住宅認定制度』に則した家づくりを全棟に採用しています。
カビ・ダニ・温度・湿度・室内空気環境・換気・床下環境・音・耐震性など、国の基準値よりさらに厳しい基準値をクリアーしなければなりません!
数字で裏付けした安心安全の確かな健康住宅をお届けしています。

萩 新築


計画換気


換気に配慮した家

  • 第一種または第三種換気システムが採用されている。
  • 室内相対湿度が40~60%に設定できている
  • 換気量は0.4回/hr以上である

 


カビ対応


カビが生じにくい住宅

  • 目視によるカビの発生を認めない。
  • 20分間の落下法計測(使用シャーレは9~10cmO)による菌数は10個以下とする。
  • 防カビ仕様等を施している。

 


室内空気環境


下記物質の測定値が厚生労働省による室内濃度指針値以下であること。

物質名m3ppm
ホルムアルデヒド1000.08
トルエン2600.07
キシレン8700.20
p-ジクロロベンゼン2400.04
エチルベンゼン3,8000.88
スチレン(モノマー)2200.05
テトラデカン330041

 


ダニ対応


ダニの生息密度低い住宅

  • ヤケヒョウヒダニ・コナヒョウヒダニは20匹/m2(50mg)以下とする。
  • ツメダニ類は新鮮固体(採取時生存していたと推察される固体)で2匹/50mg以下とする。
  • ツメダニ類以外の吸血・刺咬性ダニが検出されない。
  • 第一種または第三種換気システムが採用されている。
  • 室内相対湿度が40~60%に定できる。

 


床下環境


床下環境の良好な住宅

  • 床下空間の相対湿度が85%以下に保たれている。
  • 床下に用いられている木材の平均含水率が25%以下(推奨19%)に保たれている。

 


高齢者対応


高齢者に配慮した住宅

下記の8項目の措置が講じられている。

  1. 部屋の配慮
  2. 段差の解消
  3. 階段の安全性
  4. 手すりの設置
  5. 通路・出入り口の幅員
  6. 寝室・浴室・便所の広さ(推奨)
  7. 温熱環境
  8. アプローチ

 


音環境


下記測定値がLAeq(等価騒音レベル)で基準値以下であること。

測定位置基準値
寝室35dB(A)以下
子供部屋40dB(A)以下
書斎40dB(A)以下
居間45dB(A)以下
DK50dB(A)以下
敷地境界環境基準叉は騒音規制法の基準値以下

 


室内温熱環境


Q値(熱損失係数)が次世代省エネ基準(国土交通省、経済産業省告示)以下であること。

I.地域Q = 1.6
II. 地域Q = 1.9
III.地域Q = 2.4
IV.地域Q = 2.7
V.地域Q = 2.7
VI.地域Q = 3.7
※Q値(熱損失係数)とは
家全体の断熱性能を評価する数値で この数値が小さいほど断熱性能が高い。